FrontPage

大企業病

  • いろいろな表現はあるでしょうが、大組織全体で成果が測られ、個々のメンバーの成績が組織の成果にほとんど影響しなくなったとき、組織の成果向上に向けたメンバーの努力が不足し、あるいは連携が悪くなって無駄が大きくなることをいいます。
    • 大企業病になると、組織の内側での意思決定が遅くなり、意思決定をまとめるための(あるいは単に意思決定権を握るための)行動に多くのエネルギーが費やされ、組織外部から組織に利益をもたらす行動へのエネルギーがそれだけ削られます。
    • 組織の各構成部分は、いったん手に入れた資源を手放そうとせず、遊休資材や人材を他の部門のために使わせようとしなくなります。いったん手放したものを取り戻すためには、また大きなエネルギーが必要になるからです。

大企業病の症状

ケーススタディ

大企業病の対策


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-12-11 (木) 22:19:32 (5691d)